トップ

新潟米「新之助」生育記録

新潟米「新之助」生育記録

生育調査をしています。

2021年06月14日

新潟県農業大学校では、稲の生育調査を実施しています。

稲の生育を測る指標には、「草丈」「茎数」「葉数」「葉色」の4つがあります。

時期ごとに生育の目標があり、生育が順調かどうか確認することができます。

 

「草丈」を計測している様子です。

 

「茎数」を数えています。

 

「葉数」を数えています。

数が分からなくならないように、マジックで葉に印をつけています。

 

「葉色」の計測の様子です。

葉緑素計(SPAD)を使用しています。

 

公式SNSアカウント(TwitterInstagramFacebook)でも生育状況をご紹介しています。

ぜひご覧ください。

 

撮影協力:新潟県農業大学校

田植えから2週間が経ちました。

2021年06月03日

田植え以降、しばらく垂れていた葉が、ピンと立っています。

新しい根が出て、しっかり根付いたことが分かります。

「活着(かっちゃく)」した と言います。

 

新潟県農業大学校ほ場には、草丈や茎数、葉数など、

稲の生育状況を把握する調査地点が設置されています。

 

 

 

公式SNSアカウント(TwitterInstagramFacebook)でもご紹介しています。

ぜひご覧ください。

 

撮影協力:新潟県農業大学校

田植えから1週間が経ちました。

2021年05月28日

田植え以降、天候があまり良くなかったため、

まだ葉が垂れて水面に浮いたような状態ですが、

これから新しい根が出ると、だんだんと葉が立ってきます。

 

 

 

公式SNSアカウント(TwitterInstagramFacebook)でもご紹介しています。

ぜひご覧ください。

 

撮影協力:新潟県農業大学校

田植えを行いました。

2021年05月20日

新潟県農業大学校では、いよいよ晩生(おくて)品種の「新之助」も田植えを迎えました。

青空の下、元気に育った苗が植えられました。

 

9月下旬頃の収穫まで約4か月間、暑さにも負けない逞しい稲になってほしい。

今年も、皆さまにおいしい新米をお届けできるよう、丁寧に育てていきます。

 

 

 

これからも、田んぼでの生育の様子をお伝えしていきます!

 

また、公式SNSアカウント(TwitterInstagramFacebook)でもご紹介しています。

ぜひご覧ください。

 

撮影協力:新潟県農業大学校

苗の生育状況をご紹介します。

2021年05月17日

「新之助」の苗は、順調に生育中です。

毎朝の水やりやハウス内の温度調節など、丁寧な管理が行われたことで、良い苗が育ちました。

 

 

 

今週はいよいよ「田植え」です!

 

 

公式SNSアカウント(TwitterInstagramFacebook)でも

「生育の様子」をご紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

撮影協力:新潟県農業大学校

代かきをしました。

2021年05月14日

田植えの準備「代かき(しろかき)」の作業をしました。

田んぼに水を入れて土と丁寧に攪拌し、苗を植えるトロトロの層を作ります。

 

 

 

この後数日待って、土を落ち着かせていきます。

「生育の様子」は、公式SNSアカウント(TwitterInstagramFacebook)でもご紹介しています。

 

撮影協力:新潟県農業大学校

苗の生育状況をご紹介します。

2021年05月11日

「は種」から約2週間が経ちました。

前回と比べると、苗が大きく生長したことがわかります。

 

 

 

毎朝の水やりはとても大切な日課です。

田植えを迎えるのが楽しみですね。

 

 

公式SNSアカウント(TwitterInstagramFacebook)でも

「生育の様子」をご紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

撮影協力:新潟県農業大学校

苗が順調に育っています。

2021年05月07日

「は種」から1週間が経ちましたが、新之助の苗は順調に生育しています。

これまではビニールハウスの中で、シートで覆って“保温”を中心に管理してきましたが、

5月下旬の田植えに向けて外気や日照、風など、外の環境に徐々に慣らせていきます。

 

 

公式SNSアカウント(TwitterInstagramFacebook)でも「生育の様子」をご紹介しています。

 

撮影協力:新潟県農業大学校

は種に向けて「催芽」を行いました。

2021年04月28日

前回は、「浸種(しんしゅ)」の工程までご紹介しましたが、

今回の作業は、30℃のぬるま湯に種子を1~2日ほど浸ける「催芽(さいが)」です。

 

浸種で出芽の準備をさせていた種子に温度を加え、一斉に芽を出させます。

しっかり浸種の管理をしていると、催芽を行ったときに芽が出揃います。

生育が揃った良い苗を育てるには、大切な工程です。

 

このあとは、いよいよ種まき「は種」の工程に進んでいきます。

 

 

 

新潟米「新之助」公式サイト、SNS(TwitterInstagramFacebook)では、

今後も「新之助」のお米づくりの様子をお届けしていきます。

撮影協力:新潟県農業大学校

種子の準備も始まりました。

2021年04月16日

田んぼの準備に続き、「種子」の準備も始まりました。

 

 

 

まずは、「塩水選(えんすいせん)」です。

種子用に生産された籾(もみ)を、調製した塩水に投入します。

○ 充実した種子      : 比重が重く、沈む

△ 充実が足りない種子 : 比重が軽く、浮く

浮いた種子を取り除き、より充実した良い種子だけを使用します。

良い苗を育てるための大切な工程です。

 

 

 

塩水選で選別した後は、「温湯消毒(おんとうしょうどく)」を行いました。

農薬の使用を減らすため、種子を60℃のお湯に浸けて熱で病原菌を減らします。

 

 

あとは、10日ほど水に浸けて発芽の準備をさせる「浸種(しんしゅ)」に入ります。

この地味な工程も重要で、水温などの管理が雑になると、発芽がバラついてしまいます。

 

 

新潟米「新之助」公式サイト、SNS(TwitterInstagramFacebook)では、

今後も「新之助」のお米づくりの様子をお届けしていきます。

撮影協力:新潟県農業大学校

最近の記事

アーカイブ

先頭に戻る