トップ

新潟米「新之助」生育記録

新潟米「新之助」生育記録

出穂しました

2022年08月26日

田植えから約3か月。ようやく穂が見えました。

今年の県全体での出穂(しゅっすい)は8月11日頃でしたが、農業大学校では少し遅れての出穂です。

 

 

よく見ると、穂からたくさん小さな白いものが出ています。

これは稲の「花」。

穏やかな午前中にだけ咲いて、田んぼ全体で1週間ほどかけて咲き終わります。

稲は昆虫などの力を借りずに自家受粉するので、花は目立つ必要がなく、とっても地味ですね。

 

 

もうすぐ稔りの時期。あと1か月ほどで収穫です。

 

 

公式SNSアカウント(Instagram、Facebook、 Twitter)でも生育の様子を随時ご紹介しています。

ぜひご覧ください。

 

  

 

画像提供:新潟県農業大学校

最近の記事

アーカイブ

先頭に戻る