トップ

「新潟米 新之助」生育記録

2019年10月の「新潟米 新之助」生育記録

新潟県は、市川海老蔵さんと堀越勸玄さんをお招きし、
花角英世知事が新潟米「新之助」の田んぼをご案内するイベントを
令和元年6月9日(日)、新潟市内にて開催いたしました。

収穫まで、生育状況をレポートしていきますのでご期待ください。

待ちに待った、収穫です!10/10(木)

2019年10月11日

市川海老蔵さん、堀越勸玄さん、花角知事による田植えから4ヶ月が経ち、
新潟米「新之助」は、収穫の時を迎えました。
田植えの時は、13cm程であった苗が、今は立派な稲姿になっています。
稲刈り当日の天候は、快晴。絶好の稲刈り日和。収穫は、生産者の方々からご協力をいただき、行いました。
市川海老蔵さん、堀越勸玄さん、花角知事が手で植えられた新潟米「新之助」を鎌を使い、手で刈り取りました。
手で刈った稲は、紐で縛り、写真のように掛けて天日に当てました。
その稲刈りの様子を、稲穂にとまった赤とんぼが見守っているようでした。
他にも、バッタの仲間のイナゴが、稲にとまって一休みしている姿も見られました。
様々な生物が生息する田んぼで、新潟米「新之助」は順調に育ち、無事に収穫を終えることができました。

 

 

実るほど頭を垂れる稲穂かな 10/4(金)

2019年10月04日

 

新潟米「新之助」は、大粒の穂が実り黄金色に輝いてます。
稲は籾の中のお米に栄養分を溜め込むと、茎葉は枯れていき、美しい黄金色になります。
まるで、フサフサの黄金色の絨毯のようです。風がふくと、
稲穂が波のように揺れ、黄金色の穂波(ほなみ)が見られます。
黄金色の田んぼの空には、俗に赤とんぼと呼ぶアキアカネが飛び回っています。
新潟米「新之助」は、籾が成熟し、稲穂が徐々に下に垂れてきました。
いよいよ収穫の時期が近づいてきました。

最近の記事

アーカイブ

先頭に戻る