トップ

新潟米「新之助」生育記録

新潟米「新之助」生育記録

新之助の稲穂が傾き始めました。

2021年08月28日

新潟県農業大学校の新之助は、出穂(しゅっすい)から約2週間が経ちました。

籾(もみ)にでんぷんが蓄積され、重くなった稲穂が傾き始めています。

あとひと月かけて、じっくりと美味しいお米が実っていきます。

 

 

また、農業大学校では、早生(わせ)品種の「こしいぶき」も作付けしており、まもなく収穫を迎えます。

この時期の田んぼは稲穂の色のコントラストがきれいです。

 

 

公式SNSアカウント(TwitterInstagramFacebook)でも稲の様子をご紹介しています。

ぜひご覧ください。

 

撮影協力:新潟県農業大学校

新之助の出穂が始まりました。

2021年08月11日

成熟する時期が遅い晩生 (おくて) 品種の新之助もようやく、稲穂が出始めました。

「出穂 (しゅっすい)」と言います。

 

 

 

稲の穂は、筒状に包むように守っていた葉の中から、茎の伸長によって徐々に抽出し、

その直後に開花します。

 

開花するのは、雨や風の影響が少ない穏やかな日の正午頃の数時間だけ。

後にお米を包む「籾殻(もみがら)」になる一対の穎花(えいか)が開いて中から雄しべが抽出し、

1時間ほどで穎花は再び閉じてしまいます。

今日は撮影が13時過ぎだったので、ほとんどが閉じた後でした…

 

 

これから1週間ほどで穂が出揃い、おいしいお米が稔っていきます。

 

公式SNSアカウント(TwitterInstagramFacebook)でも稲の様子をご紹介しています。

ぜひご覧ください。

 

撮影協力:新潟県農業大学校

2回目の穂肥を散布しました。

2021年08月05日

新潟県農業大学校では、1回目の穂肥(ほごえ)からちょうど10日目、

2回目の穂肥を撒きました。

 

 

 

暑い日が続いていますが、この猛暑を乗り切るためには、稲も体力が必要です。

9月下旬からの収穫に向け、充実したお米が稔るよう、稲に栄養を与えます。

 

 

この後いよいよ穂が出始める出穂期(しゅっすいき)を迎えます。

 

とても暑い中、農業大学校のみなさん、お疲れさまでした。

 

公式SNSアカウント(TwitterInstagramFacebook)でも作業の様子をご紹介しています。

ぜひご覧ください。

 

撮影協力:新潟県農業大学校

最近の記事

アーカイブ

先頭に戻る