トップ

新潟米「新之助」生育記録

は種に向けて「催芽」を行いました。

新潟米「新之助」生育記録

は種に向けて「催芽」を行いました。

2021年04月28日

前回は、「浸種(しんしゅ)」の工程までご紹介しましたが、

今回の作業は、30℃のぬるま湯に種子を1~2日ほど浸ける「催芽(さいが)」です。

 

浸種で出芽の準備をさせていた種子に温度を加え、一斉に芽を出させます。

しっかり浸種の管理をしていると、催芽を行ったときに芽が出揃います。

生育が揃った良い苗を育てるには、大切な工程です。

 

このあとは、いよいよ種まき「は種」の工程に進んでいきます。

 

 

 

新潟米「新之助」公式サイト、SNS(TwitterInstagramFacebook)では、

今後も「新之助」のお米づくりの様子をお届けしていきます。

撮影協力:新潟県農業大学校

最近の記事

アーカイブ

先頭に戻る