トップ

新潟米「新之助」生育記録

種子の準備も始まりました。

新潟米「新之助」生育記録

種子の準備も始まりました。

2021年04月16日

田んぼの準備に続き、「種子」の準備も始まりました。

 

 

 

まずは、「塩水選(えんすいせん)」です。

種子用に生産された籾(もみ)を、調製した塩水に投入します。

○ 充実した種子      : 比重が重く、沈む

△ 充実が足りない種子 : 比重が軽く、浮く

浮いた種子を取り除き、より充実した良い種子だけを使用します。

良い苗を育てるための大切な工程です。

 

 

 

塩水選で選別した後は、「温湯消毒(おんとうしょうどく)」を行いました。

農薬の使用を減らすため、種子を60℃のお湯に浸けて熱で病原菌を減らします。

 

 

あとは、10日ほど水に浸けて発芽の準備をさせる「浸種(しんしゅ)」に入ります。

この地味な工程も重要で、水温などの管理が雑になると、発芽がバラついてしまいます。

 

 

新潟米「新之助」公式サイト、SNS(TwitterInstagramFacebook)では、

今後も「新之助」のお米づくりの様子をお届けしていきます。

撮影協力:新潟県農業大学校

最近の記事

アーカイブ

先頭に戻る