トップ

「新潟米 新之助」生育記録

穂が出ました。いよいよ実りです。 8/23(金)

市川海老蔵さん、
堀越勸玄さんが植えた
「新潟米 新之助」生育記録

新潟県は、市川海老蔵さんと堀越勸玄さんをお招きし、
花角英世知事が新潟米「新之助」の田んぼをご案内するイベントを
令和元年6月9日(日)、新潟市内にて開催いたしました。

収穫まで、生育状況をレポートしていきますのでご期待ください。

穂が出ました。いよいよ実りです。 8/23(金)

2019年08月23日

 

出穂 (しゅっすい)の時期を迎えました。
茎の中で、たくさんの籾をつけた穂が育ち、その穂が完成すると、茎から出て来ます。これを出穂 といいます。
新之助はコシヒカリよりもゆっくりと育ち、出穂が遅い品種です。コシヒカリより約1週間遅く穂が出ます。
この時期は、稲が実を大きくするのに水を必要とするため、田んぼには水を入れています。
新潟米「新之助」は、暑さに強いお米です。今年の暑い夏の中でも順調に育っています。
実りの秋が待ち遠しいです。

最近の記事

アーカイブ

先頭に戻る